ゴリゲンヌゲームス

ゲームについて学んだり、遊んだゲームについての記事をかいていこうと考えています。

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 プレイ記録

 

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜をプレイした記録です。

歴史を見届けよう。

聖戦の系譜の音楽、本当にすばらしい

場面にあっていて気持ちが昂る

 

登場人物たちの思惑、やりとり

積み重なったユグドラルの歴史

大河ドラマ的な構成

聖戦の系譜はホント良い

 

序章 聖騎士誕生

聖戦の系譜は1マップがとにかく広いので慎重に

適度にやすんで集中力を維持する

 

ユングヴィ城へ

 

いきなりやられるミデェールの声すき

シグルド様 カッコいいし、強いし頼もしすぎる

アーダンの顔も味があってすき

育ててクラスチェンジすると楽しいユニットになる

アレクもいい性格してる

ノイッシュも堅実な感じあって良い

 

ターン経過で味方が現れる

レックスかっこよくて好き

アゼルは可愛い

 

キュアン カッコよくてかなり好きである

フィン トラキアでも登場したフィン

FEHだと声が置鮎さんで良い

エスリンはしっかりしていていい

 

斧の一撃は痛く、アゼル レックス フィンがやられやすいので注意

 

エバンス城へ

 

ユングヴィ城を制圧すると橋がかかり、敵が攻め込んでくる

数が多いので制圧するまえに布陣を整えたい

 

アルヴィス登場

はじめてみたときのインパクトすごかった

メチャ強い武器もってる!! って

アゼルがすでにやられているとセリフかわるの良き

 

1章 精霊の森の少女

 

ジェノア城へ

 

エーディンとデューを逃がしたり、せまってくるアイラを誘導したりと

やることが多い

アイラ可愛すぎるぜ

キュアンとアイラの会話良い

 

マーファ城へ

 

ヴェルダン城へ

 

シグルドとディアドラの出会い

運命は残酷……

 

ジャムカを仲間にするのが難しい

十分におびき寄せたいけど……

 

2章 アグストリアの動乱

とにかくマップが広く、やることも多い!!

全体的に移動力が求められるので

急くと歩兵をもてあましてしまう

 

ハイライン城へ

 

最初に襲われているラケシスをはやく助けたいが、

自軍が強くないとてこずる

ラケシスは本当にかわいい

クラスチェンジすると頼もしい

いろんな武器を使えるユニットすき

 

ラケシスを助け、一気にハイライン城まで向かう

中ボス、フィリップの布陣がうざい

急がないと村が襲われてしまうので落ち着かない

スキル 大楯がまじでうざったい

 

アンフォニー城へ

 

シルヴィアかわいい

キュアンとフィンが会話するとゆうしゃのやりが頂ける

ありがたい

 

マッキリー城に向かう

ボスがもっているスリープの杖がうざく、

ロングアーチも配置されていて攻めづらい

フュリーかわいいぜ

シルヴィアとシグルドの会話良い

 

アグスティ城へ

ザインの布陣が手強い

 

3章 獅子王エルトシャン

音楽もあいまってなんだか悲壮感

ティルテュかわいい

このマップもあちこちに移動させられるのでたいへん

 

マディノ城へ

 

レックスとアイラの会話良い

いきなり敵がこちらに向かって襲ってくる

強さもそれなりで厄介

 

シルベール城へ

 

マディノ城を制圧すると強敵エルトシャンがクロスナイツをともなって登場

1章ではあんなに頼もしかったのに敵になってしまう悲しさ

ラケシスでエルトシャンと会話するか、

育てた弓兵のキラーボウ必殺が発動すれば倒せなくもない

ラケシスでエルトシャンと会話した場合はエルトシャン無念の退場……

どちらの場合もシグルド、キュアンの胸中がせつない

 

ディアドラがマンフロイにさらわれる!!

エルトシャン、ディアドラを失ったシグルド……

 

オーガヒル城にむかう

 

クロード、ティルテュ、ブリギッドを

助けないといけないので慌ただしい

ゲイボルグのエピソードが悲しい

 

クリアすると敵の大軍に包囲されピンチに

シレジアへと……

吹き荒れる逆風

 

4章 空に舞う

雪国へ

雰囲気最高だが、寒々しい

 

まずはトーヴェ城へ

中ボス、クブリの部隊が鬱陶しい

その後はディートバの部隊と交戦

すばやく、地形を無視して移動できるペガサスに翻弄されると危険

 

自軍は魔防が低めなのでマージに攻撃されるとイテー

 

シグルドとクロードの会話よき

 

 

トーヴェ城を制圧すると

マーニャとパメラの戦い

そこへアンドレイが現れ、マーニャの部隊を蹂躙……

 

 

シレジア城にむかう

避難してきた市民が敵のブリザードをくらってやられてしまうことがおおい

 

 

ザクソン城へ

ボス、レイミアの部隊は強いがレヴィンのフォルセティなら……

 

5章 運命の扉

難関 シグルドたちの思いは届くのか……?

 

リューベック城へ

敵が強く、のんびりしているとバイロンがやられてしまう

シグルドの言う通り、最初の行動でその後が決まる

 

セリスを連れ、シグルドと別れるオイフェとシャナン

 

フィノーラ城へ

キュアンたちが助けにきてくれるが……

砂漠に足をとられ、トラバントに襲われる

ナイトキラーで蹂躙されるキュアンたち

さきにエスリンが倒された場合、武器をすてるキュアンがさらに切ない……

 

メティオを装備した敵マージが鬱陶しい

フュリーでしっかり倒す

 

シグルドとアイラの会話良き

 

フィノーラ城を制圧すると

レプトール現れる

さすがに強いが、フォルセティなら

 

レプトールを倒し、ヴェルトマー城を守るアイーダと会話するとマップクリア

しかし……

 

 

6章 光をつぐもの

残された希望

顔ぶれが一新

 

セリスさま好きすぎる 可愛い

ラクチェもかわいい

 

ガネーシャ城へ

三すくみでは有利だが、敵の攻撃をくらうと痛い

ムチャはしないようにする

 

ユリアの儚さいいな

 

イザークまたはソファラ城へ

 

ゆうしゃのおの持った中ボス、シュミットがけっこう強い

 

リボー城へ

 

7章 砂漠をこえて

 

マップが広いうえに砂漠で足をとられる

どうしても攻略に時間がかかってしまう

 

イード城へ

ダークマージの攻撃が痛い

シャナンとパティ(またはデイジー)がいきなりピンチ

シャナンが攻撃をかわせば強気でいけるがだいたいくらってしまう

 

リーフたちはいったんレンスターをあきらめ、避難させる

リーフ、クラスチェンジできればかなり頼もしい

 

隠れ住んでいたロプトのものたちが残したメッセージが考えさせられる

やられたらやり返す 悲しみが悲しみをうみ、狂気へ……

 

メルゲン城へ

敵が強く、苦戦させられる

布陣もいやらしく、難関

イシュトーの強さが脅威

 

ダーナ城へ

ティニー(またはリンダ)を仲間にするのが大変

 

アルスター城へ

 

 

8章 トラキア竜騎士

 

コノート城へ

いきなり敵が迫ってくる

レンスター城も守らないといけない

 

イシュタル登場

昔から大好きなキャラクターである

可愛いし、境遇も儚い……

まじでええなあ

 

フィンとリーフの会話

リーフを注意するフィンいいな

アーサーとフィーの会話良い

 

ブルーム付近の守りがかたい

 

マンスターへ

セティさま登場

好青年+フォルセティの強さで非の打ち所なし

代替キャラクターのホークもいいキャラしてる

 

ミーズ城へ

トラキア776ハンニバルのイベントがあった場所

 

9章 誰がために

登場人物たちの葛藤

急くトラバント

 

ルテキア城へ

なやむアルテナを仲間にする

国王トラバント出陣

見せ場が多かったが、わりとあっさり退場してしまうのが切ない

 

ハンニバルを倒さずにハンニバルの部隊を相手にするのが難しい

 

 

グルティア城へ

敵増援、ムーサー登場

帝国軍というレアな名前

久々に流れる5章の敵フェイズ

 

ジュダ付近のアーチが鬱陶しい

 

フェミナまたはジャンヌで発生する偽シャナンのイベント笑える

 

ユリアとセリスの会話良い

 

トラキア城へ

山場

アリオーンの大部隊が迫ってくる

アリオーンもすごくいいキャラしてる

トラキアの方々は境遇もあいまってとにかく良い

 

アリオーンの強さが大変なことになっている

 

10章 光と闇と

過酷なトラキアを経て、やってきた10章

勇壮な音楽と美しいマップの構成が良い

 

クロノス城へ

魔法が得意な敵が多く、攻撃が痛い

スリープなどで妨害してくるものもいるので進軍を乱される

 

ナンナとリーフの会話とてもいい

 

ラドス城へ

惨状にふるえるセリス、良い

 

オイフェとセリスの会話良い

 

ミレトス城へ

森に潜む敵軍が厄介

武装もいやらしいものが多い

ラスボス、ユリウスとイシュタル再登場

今回もイシュタルを倒してユリウスに帰っていただく

 

シアルフィ城へ

10章の山場

ユリアとアルヴィスのイベントが切ない

ロートリッターを倒し、アルヴィスのもとへ

 

皇帝アルヴィスの強さがとんでもない

地形効果、大楯、ファラフレイムとスキなし

フォルセティも相性が悪い

もてる力で倒す

 

アルヴィスも悲しいキャラだった

理想のために戦ったのに、利用されて終わるなんて

 

コープルとアルテナの会話良いな

 

終章

長き戦いを経てついにここまで来た

闇をはらい、勝利を

 

エッダ城へ

いきなり敵の大軍と自軍をかこむダークマージ

 

ドズル城へ

ブリアン出撃

レヴィンの言っていたとおり、

聖戦士同士が争うのは不毛である

 

フリージ城へ

スコピオの部隊がなかなか鬱陶しい

ヒルダの部隊はバロンだらけで守りがかたい

 

ヴェルトマー城へ

イシュタル、出撃 その胸中はいかに……

イシュタルも強いが、配下のファルコンナイトが法外に強い!!

大地の剣でHP吸収、素早い、回避率高くて攻撃当たり辛いと厄介な要素多すぎる

いつも頭をかかえるポイント

 

洗脳されたユリアの顔グラいいな

ナーガの書を手に入れたときのレヴィンの反応すき

 

バーハラ城へ

十二魔将をくだし、ユリウスを倒せ!!